酵素ファスティングをするなら、代謝酵素の
役割については知っておきましょう。

 

 

人間の体内にある酵素には、消化酵素と代謝酵素
という2種類があります。前者はその名の通り
、食べたものを消化するという働きをします。

 

 

カラダの不思議!代謝酵素は永遠に作り出されるの?

 

消化に悪い食べ物をたくさん食べたりすると
、体内の消化酵素が不足するようになりますが、
それに応じて代謝酵素の数も減ってしまいます。

 

 

その結果、体の代謝が悪くなってしまいます
代謝酵素は消化された栄養素を体の適切な部位に
運ぶという役割を果たしています。

 

 

消化された栄養素が体の適切な部位に運ばれなければ、
生命活動を行う機能が低下してしまいます。

 

 

例えば、息をすること、筋肉を動かすこと、自然治癒力
を引き出して傷を治すこと、免疫力を高めて病気のウイルス
などに対抗することなど、あらゆる生命活動の機能が低下
してしまいます。

 

 

なぜ年を取ると食事量は同じなのに太りやすくなるのか?

 

30代になってくると、食事の量を増やしたわけではない
のに、お腹が出てきたり、体重が増えたりといった変化
が起こるようになってきます。

 

 

これは、30代になると体の基礎代謝が低下してくること
が関係しています。体内の酵素の数は、生まれたときに
決まっていますが、年齢とともに減少していきます。

 

 

そのため、食べたものを消化する力や、生命活動を行う
機能が年齢とともに低下していくのです。年をとったら
食事の量を減らしたほうが良いというわけではありませんが
食べすぎには注意をしなければならなくなります。

 

 

酵素不足の人にとってもっとも大切な習慣とは?

 

年をとると、体内で作られる栄養素の量も減少していき
ますので、バランスの良い食事をしっかりと食べること
が重要です。

 

 

そのため、年をとったら食事を減らすというよりも
、栄養があってバランスの良い食事を食べることを
重視して、

 

 

お菓子やケーキ、カップ麺などは控える
ようにするのが良いです。食事の量ではなく、
質を重視するべきということです。

 

 

危険!ファスティングすれば痩せられるはウソかも・・・

 

ファスティングとは断食をしたり絶食をしたりすること
ですが、ただ食事の量を減らせば良いというわけでは
ありません。

 

 

食事の量を減らせばダイエットにつながりますが、
量が減る分、より質の高い食事をする必要が出てきます。
そのために重要になるのが、代謝酵素の役割です。

 

 

食べたものをしっかりと消化して、消化された栄養素を
体の各部位に運んで、適切に働かせるということが重要
になります。

 

 

さらに、代謝がアップすれば免疫力が高まったり、
美肌になれたり、痩せやすい体質になったり、便秘
が解消されたり、さまざまな効果が出てきます。

「こうじ酵素」パワーで代謝をアップして見違える自分になる!