酵素とは人間の体内で生成されたたんぱく質の一種
で特定の化学反応の触媒作用をもたらす物質です。

 

 

触媒とは物質同士の特定の化学反応を促進させる
ための仲介役のようなものをイメージすればいい
でしょう。

 

 

アミラーゼだけではない!知っておきたい酵素の基礎

 

例えば私達は食物を食べると唾液に混じって
アミラーゼが分泌されデンプンを分解し、
消化の一端を担っています。

 

 

この酵素は人体には実に3000種類以上の酵素
存在するとも言われており、生命活動に不可欠な
物質なのです。

 

 

体内の酵素は役割に応じて大きく、代謝酵素と
消化酵素に分けることが出来ます。
消化酵素は食べた食物を消化し小腸で吸収できる
ようにする役割があります。

 

 

消化酵素と代謝酵素!酵素にかかわる不思議なしくみとは?

 

例えば脂肪分であればリパーゼが消化すると言うように
消化すべき物質は消化酵素ごとに決まっています。
しかし体調不良や食生活が乱れていたりすると
酵素が必要量確保できなくなります。

 

 

そうなれば必要な栄養素を吸収できなくなり
体調不良になりかねません。

 

 

代謝酵素は私たちの生命維持のための脳や心臓循環器
から胃腸や肝臓などの消化器官から手足の先に至る
まで、人間の生命活動全般に関与している酵素です。

 

 

年を取っても代謝酵素を補充し続けなければいけないワケ

 

体内では消化酵素が代謝酵素よい優先する性質がある
ため、十分な酵素量が確保できないと、代謝酵素が
不足し健康状態が維持できなくなる可能性があります。

 

 

ただ、酵素は生野菜や海藻などでも取り入れることが
出来るため、食生活の中で酵素不足を来たさないように
注意することが重要になります。

 

 

中でも麹菌は「酵素の宝庫」ともいわれているほど
酵素を豊富に含んでいます。麹菌が作り出す酵素は
種類も量も豊富なので、

 

 

日本発の世界遺産!和食に欠かせない発酵食品「麹」が人気の理由

 

日本の伝統的な発酵食品、例えば納豆などを食べれば
、多様な酵素を一挙に取り入れることが出来ます。
麹菌が作る酵素には、栄養素を分解したり、食べ物を
やわらかくする効果もあります。

 

 

旨み成分であるアミノ酸も生み出すのでよりおいしく
酵素を摂取できるわけです。他の栄養分として麹菌は
葉酸やビオチンなども含むことが知られています。

 

 

私達日本人は納豆や味噌、しょうゆなどの形で身近に
麹菌の恩恵にあずかっていますが、以上のような効能
をもつ酵素をうまく取り入れるためにはどうすれば
良いのでしょうか。

 

 

酵素は熱に弱い!?酵素を効果的に取り入れる方法

 

発酵食品で酵素を効率的に取り入れるためには温度に
注意する必要があります。高温加熱処理をすると酵素
の活性が失われてしまいます。

 

 

納豆などは加熱せずに食べられるので理想的と言えます。
ただ発酵食品は塩分を含むものも多いので塩分過剰摂取
には注意が必要です。

 

 

その点できのこや海藻類などと併せてカリウム分も
摂取するなど注意が必要です。おすすめは麹菌が凝縮
されたこうじ酵素!1日3粒で簡単に取り入れることが出来ます!

こうじ酵素でスッキリスリム体型に変身する!